ニュース
» 2018年06月26日 14時23分 公開

イベント運営、放送権ビジネスも展開:電通・スカパーが音楽番組制作で新会社 社長は「BAZOOKA!!!」プロデューサー

スカパーJSAT、電通など4社が、音楽ライブ番組の制作会社「THReee entertainment」を設立。資本金は2億円で、出資比率は非公開。国内外への放送権・配信権の販売も手掛ける。

[ITmedia]

 スカパーJSAT、電通、ソーシャルゲーム開発のアカツキ、番組制作の東北新社は6月26日、音楽ライブ番組の制作会社「THReee entertainment(スリー・エンタテインメント)」を共同出資で設立したと発表した。

photo 「THReee entertainment」の公式Webサイト

 資本金は2億円で、出資比率は非公開。番組の企画・制作や、国内外への放送権・配信権の販売、音楽イベントの企画・運営などを手掛ける予定で、26日に本格的に事業を始めた。

 新会社が制作した音楽番組は、基本的に衛星放送「スカパー!」で放送する。アーティストやスポーツ選手とファンが交流できるSNSアプリ開発も行っていく。

photo 「THReee entertainment」の事業内容

 社名は「excite」「engage」「empower」の“3つのe”にちなんだという。社長には、スカパーJSATで人気バラエティー番組「BAZOOKA!!!」などのプロデューサーを務め、同番組から生まれた音楽イベント「高校生RAP選手権」を人気興行に育てた赤松勇介氏が就任する。

photo 「THReee entertainment」の経営陣

 スカパーJSATはコンテンツの放送・配信、電通は海外向けの放送権・配信権の販売、アカツキはアプリとシステムの開発、東北新社は音楽ライブ番組やアプリ内の映像コンテンツの制作――をそれぞれ担っていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -