Special
» 2018年07月04日 10時00分 公開

高まる企業ニーズの一方で……:「簡単、すぐに既存業務が自動化できる」というRPAへの誤解

日本は先進国の中で最も労働生産性が低い国の1つと言われている。長年IT活用による生産性アップが叫ばれてきたものの、大きな改善が見られないまま今日に至る。しかし近年、「生産性向上の特効薬になるのでは」と大きな期待を集めるソリューションがある。それが「RPA(Robotics Process Automation)」だ。

[PR/ITmedia]
PR

働き方改革の切り札として急速に注目

 日本はこれから、世界でも類を見ない「超高齢化社会」に突入する。若い働き手の数はどんどん減っていき、近い将来あらゆる産業で労働人口が足りなくなると予想されている。そんな中、社会と経済をこれからも維持し続けていくためには、国を挙げて働き方を改革し、生産性を向上させる取り組みが不可欠だろう。日本は先進国の中で最も労働生産性が低い国の1つと言われており、長年IT活用による生産性アップが叫ばれてきたものの、大きな改善が見られないまま今日に至っている。

 しかし近年、「生産性向上の特効薬になるのでは」と大きな期待を集めるソリューションがある。「RPA」だ。

 これは人間がITシステムに対して行う操作をソフトウェアが代行し、作業を自動化してくれるというもの。特にPCを使った定型業務や繰り返し作業の自動化に大きな効力を発揮し、多くの定型業務を抱える金融機関などでは早くから導入が進んできた。

 それがこの1年ほどの間で、あらゆる業界において一気に脚光を浴びるようになった。その背景には、それまで海外製のサーバ型製品しか存在しなかったRPA市場に、純国産のRPA製品が登場し、日本のユーザーにとって導入ハードルがぐっと低くなったことが大きく影響している。

RPA市場が急成長している RPA市場が急成長している

 ある調査では、国内におけるRPAの市場規模は2016年から17年にかけて倍増しており、今後も急速に伸びることを予測している。そして、「いずれRPAはほぼすべて日本企業に導入されるだろう」という予測も出るなど、急成長が期待されており、今後はRPAの注目度がますます高まっていくものと見られる。その結果、金融業界以外の多くの企業も導入を検討するようになり、RPAのサービスやソリューションを提供する企業も一気に増えてきた。

 そうした企業の1社に、富士通マーケティングがある。同社はSI企業としてさまざまな業界の企業に対して多様なICTソリューションを提供しており、その一環として近年ではRPAも取り扱っている。しかも、単に顧客企業にRPAソリューションを提供するだけでなく、自社内においてもさまざまな業務を対象にRPAを導入し、その効果や課題を自ら体現しているという。自社内での導入・運用を通じて得たノウハウを生かして、より顧客に価値の高いRPAソリューションを提供しようというわけだ。

 同社はどのようにRPAを導入、活用しているのだろうか。その前にRPAのメリットや課題について言及しておこう。

RPAのメリットは?

 RPAの最大の導入メリットは、これまで人手で行われてきた作業を、比較的手軽かつ安価に自動化できる点にある。今までもさまざまなIT技術が「省力化」「自動化」を目的に導入されてきた。その結果、多くの企業ではかつて人手に頼っていた作業のかなりの部分を、PCで自動化できるようになった。

 基幹業務の多くはICTシステムによって自動化され、書類作成や計算処理といった細かな作業の多くはMS Officeをはじめとするビジネスアプリケーションや、それらを応用したEUC(End User Computing)によって効率化や自動化が進んだ。

 しかしこれでもなお、ほとんどの企業では膨大な量の人手作業が残っているのが実情だ。業務システムやEUCによって個々の作業は自動化されても、これらの間で情報を転記したり、情報の内容をチェックしたりといった作業は相変わらず人手に頼っている。

 例えば、業務システムが出力した内容をExcelシートに転記してレポートを作成したり、逆にExcelに記された情報を人の目でいちいちチェックしながらシステムに入力したりといった作業に膨大な人手をつぎ込んでいる。

 企業の生産性を底上げし、働き方改革を実現するには、こうした作業にもメスを入れていく必要がある。RPAはまさにこの点において大きな期待が寄せられているのだ。

 RPAがやることは極めてシンプルで、人がPC上で行うマウスクリックやキーボード操作といった作業をソフトウェアが代行することで作業の自動化を実現する。従って、現在人間がコンピュータ上で行っている作業は、基本的にはすべて自動化できる可能性がある。

 複雑な処理や演算を行うのではなく、ただシンプルに「人の操作をPCが真似る」だけなので、高価な業務アプリケーションのようにコストが掛かることもなく、また高度なプログラミングスキルも必要ない。従来の「システム開発やパッケージソフトウェア導入による業務自動化・効率化」というアプローチに比べ、導入ハードルは低いと言える。

 まさにこの点が多くの企業、とりわけ業務部門がRPAに着目する理由ではないだろうか。例えば、システムやアプリケーションの間の情報連携を人手に頼っている場合、これを自動化するには従来はシステムをカスタマイズする必要があった。しかしこれには通常、多くコストや手間を要する上、長年使われているレガシーシステムの場合は既に開発者が退職していて中身を知る人がいなかったり、仕様書が残っていなかったりなど、そもそも改修自体が困難なケースも少なくないだろう。こうしたケースでは、RPAによる人手作業の自動化が威力を発揮しそうだ。

“野良ロボット”が大量発生する事態に

 しかし、多くの企業が「これを導入すれば即座に業務が自動化される!」と、まるで魔法のツールであるかのように考えがちである一方で、「RPAの導入・運用はそう容易ではない」ことを認識する必要もありそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社富士通マーケティング
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia ビジネスオンライン編集部/掲載内容有効期限:2018年8月31日