ニュース
» 2018年06月29日 18時11分 公開

「ローソン フレッシュ ピック」に注力:「ローソンフレッシュ」8月終了へ 物流費高騰など影響

ローソンが生鮮食品通販「ローソンフレッシュ」を8月に終了する。物流費の高騰などが主な要因。今後は、生鮮スーパーの食材をアプリで買える「ローソン フレッシュ ピック」に注力する。

[ITmedia]

 ローソンは8月31日に、生鮮食品のEC(インターネット通販)サービス「ローソンフレッシュ」を終了する。2014年7月にスタートし、肉類、魚介類、野菜、乳製品など8000点以上の商品を展開してきたが、「昨今の物流費の高騰により、収益性の改善が思うように進まなかったのが終了の理由」(広報室、以下同)だという。

photo ローソンの生鮮食品通販「ローソンフレッシュ」。8月に終了する

 今後は、7月31日正午に口座振替サービスの利用を停止。8月1日〜20日正午にかけて「Pontaポイント」が通常時の4倍もらえる「『ローソンフレッシュ』大感謝セール」を行う。同セールの終了をもって商品の販売を停止し、8月31日に出荷を終える予定。

photo 「ローソンフレッシュ」のWebサイトに掲載された「終了のお知らせ」

「ローソン フレッシュ ピック」に経営資源を集中

 ローソンは18年3月に、成城石井などの生鮮スーパーの食材をスマホアプリ上で購入すると、ローソン店頭で受け取れるサービス「ローソン フレッシュ ピック」を始めている。現在は東京都世田谷区、渋谷区、横浜市などの約220店舗限定で行っているが、今後は同サービスの普及を目指すという。

 ローソンは「『ローソン フレッシュ ピック』の開始により、ラストワンマイルサービスを具現化できたことも『ローソンフレッシュ』終了の大きな要因だ。両方のサービスを運営するよりも、新サービスに経営資源を集中すべきであると判断した」と説明。

 「これからは、新サービスの対応エリア拡大に優先的に取り組んでいく」としている。

photo 「ローソン フレッシュ ピック」公式Webサイト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -