ニュース
» 2018年07月03日 14時52分 公開

「未来のレーシングカー」:日産とイタルデザインがコラボ 黒×金の「GT-R」限定プロトタイプ公開 (1/2)

日産との伊Italdesignが、共同開発したスーパースポーツカー「Nissan GT-R50 by Italdesign」を公開した。

[ITmedia]

 日産自動車と自動車専門デザイン会社の伊Italdesignはこのほど、共同開発したスーパースポーツカー「Nissan GT-R50 by Italdesign」のプロトタイプを公開した。「GT-R」誕生とItaldesign創業の50周年を記念するモデルで、7月中にも欧州で初公開する予定。

photo 「Nissan GT-R50 by Italdesign」

黒×金のデザイン採用

 フロントデザインには、車両の幅いっぱいに広がるゴールドのインナーパネルを採用。ボンネットには、膨らみを持たせたパワーバルジを取り入れた。ホイールアーチから冷却用のインテーク上部にかけては、シャープなLEDヘッドライトを配置した。

photo

 サイドデザインには、ベース車より54ミリ低くしたルーフラインを採用。「筋肉質な印象を与える」という。ドア下方部からショルダーラインにかけては、金色のカラーリングを施したエアアウトレット「サムライブレード」を設けた。

 リヤデザインには、ショルダーラインがリヤウインドー下部に向かうにつれて細くなるテーパー形状を取り入れた。GTRの系譜を継ぐ丸型テールライトも採用した。大きな可変式リアウイングは「全体の印象を引き締める」役割を持たせた。

インテリアは「未来のレーシングカー」イメージ

 インテリアには、センターコンソール、インストパネル、ドアの内張りに2種類のカーボンファイバーを配した。シート素材には、伊Alcantara製の人工皮革とイタリア製レザー(ともに黒色)を採用。スイッチ類にもゴールドのアクセントをちりばめ、「未来的なレーシングカーをイメージした」という。

photo

よりパワフルで安全に

 720PS、780Nmを発揮する3.8リッターV型6気筒ツインターボエンジン「VR38DETT」を搭載する。大容量・大口径のツインターボチャージャーと大型インタークーラーのほか、大容量燃料噴射装置なども採用し、よりパワフルな仕様にした。

 ショックアブソーバー「Bilstein DampTronic」を採用した新しいサスペンションシステムも取り入れ、ブレーキ性能と車体制御の性能も高めた。

photo

 開発・設計・製造はItaldesignが担った。内装・外装のデザインは、日産の海外子会社である日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカが担当した。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -