コラム
» 2018年07月06日 06時30分 公開

ドライアイス問題を解決:葬儀業界に新風 ドウシシャの遺体冷却安置台は何がすごいのか? (1/4)

葬儀業界の“常識”が変わろうとしている。現在、遺体冷却の80%以上をドライアイスに頼っていると言われているが、ドウシシャが発売する吸熱式遺体冷却安置台「メモリアルベッド」ではペルチェ素子によって冷却できるのだという。

[大河原克行,ITmedia]

 ペルチェ素子を知っているだろうか。

 小型冷蔵庫の冷却方法として使用されたり、PCに搭載されたCPUの冷却などにも使用されたりする電子冷却媒体だ。ペルチェ素子に直流電流を流すことで、素子の両面に温度差が発生。低温側を冷却に使用するといった使い方が一般的だ。素子そのものを稼働させても、騒音や振動がないので、安定した環境で保管したいワインを冷やすワインセラーなどにも採用されている。

 そのペルチェ素子が、葬儀業界で注目され始めている。

 ドウシシャが発売する吸熱式遺体冷却安置台「Memorialbed(メモリアルベッド)」は、火葬までの期間、遺体を保管する際に、ペルチェ素子によって冷却できる安置台だ。

吸熱式遺体冷却安置台「Memorialbed(メモリアルベッド)」 吸熱式遺体冷却安置台「Memorialbed(メモリアルベッド)」

 ドウシシャ 生活関連事業部 特販営業ディビジョンの中川喜之チーフマネージャーは、「遺体を冷却するには、マイナス78度のドライアイスを使用する仕組みが多く用いられ、遺体冷却の80%以上をドライアイスに頼っていると言われる。だが、遺体の表面を凍結させてしまい、体全体が固くなり、表情まで変化してしまう課題があるほか、大きなドライアイスを遺体の上に乗せられてしまうため、遺族から『重たそうで、かわいそうだ』と思われてしまうことも多い。ペルチェ素子を利用したメモリアルベッドでは、こうした課題を解決できる」とする。

 メモリアルベッドは、ペルチェ素子によって冷却した4つのブロックをベッドに内蔵。内臓に最も近い背中側から冷却することで、深部まで短時間で冷却。腐敗を引き起こす通性嫌気性細菌の繁殖も防止できるという。

 最大の特徴は、遺体への負担が少なく、体はしなやかなままで、旅立ちの化粧や着替えができるという点。「遺体の一部を冷凍してしまうドライアイスは、腕や指などが凍ってしまい、作業者にとっても、遺族にとっても負担や不満を感じる。一般的に、遺体安置の至適温度は4〜6度、至適湿度は60〜70%と言われており、ドライアイスで冷凍してしまう環境は好ましいとは言えない」と中川氏は話す。

今後、家庭でも設置できるタイプを製品化する予定だ(写真は試作品) 今後、家庭でも設置できるタイプを製品化する予定だ(写真は試作品)
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -