ニュース
» 2018年07月10日 12時58分 公開

依然として金曜深夜などに多発:ついカッとなる人、減少中? 「鉄道係員への暴力」17年度は過去10年で最少

2017年度に発生した鉄道係員に対する乗客の暴力行為は656件で、過去10年間で最も少なかった。警察官の巡回などが抑止に貢献した。今夏は新たなポスターを掲出し、さらなる抑止を図る。

[ITmedia]

 JR東日本、JR西日本、東京都交通局など鉄道大手34社はこのほど、2017年度(17年4月〜18年3月)に発生した鉄道係員に対する乗客の暴力行為は656件で、過去10年間で最も少なかったと発表した。「啓発ポスターの掲出、警察官の巡回、監視カメラの設置などが抑止に貢献した」という。

photo 「鉄道係員への暴力」発生件数の経年変化(=鉄道大手34社調べ)

 調査によると、385件の加害者が酒気を帯びていた。加害者の年齢は60代以上(153件)がトップだったが、20〜50代の各年代に幅広く分布していた。発生場所は改札(241件)、ホーム(207件)、車内(107件)の順に多かった。

ALTALT 加害者の年齢分布と暴力行為が起きやすい場所(=鉄道大手34社調べ)

 月別では4月(69件)、曜日別では金曜日(117件)、時間帯別では午後10時〜翌午前5時の深夜帯(256件)に暴力行為が多発する傾向がみられた。

ALTALT 暴力行為が起きやすい曜日と時間帯(=鉄道大手34社調べ)

 各社は「14年度以降連続して減少傾向を示しているものの、依然として暴力行為が多く発生しているのが現状だ。引き続き、暴力行為に対して鉄道業界全体で結束し、毅然(きぜん)とした態度で対応していく」としている。

「つい、カッとなった。人生、ガラッと変わった。」

 また、日本民営鉄道協会加盟会社やJR6社など鉄道大手85社は、暴力行為防止に向けて夏季(7月13日〜9月12日)に掲出するポスターを発表した。

 「つい、カッとなった。人生、ガラッと変わった。」をキャッチコピーとし、暴力を振るう男性のシルエットを採用。「いったん、心を落ち着けましょう」などと呼び掛けている。

photo 鉄道大手が今夏掲出する新ポスター

 各社合計で列車内に約6万2700枚、駅構内に約7100枚を掲出し、「暴力行為が決して他人事ではないということを感じていただき、暴力行為防止を強く訴えかけていく」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -