ニュース
» 2018年07月11日 18時53分 公開

宇品と防府:豪雨で国内工場休止のマツダ、12日から生産再開へ

マツダは西日本の記録的な豪雨の影響で停止していた広島県と山口県の工場で12日から生産を再開する。

[ITmedia]

 マツダは7月11日、西日本の記録的な豪雨の影響で停止していた広島県と山口県の工場で、12日から生産を再開すると発表した。

photo 宇品工場では「CX-5」などが生産されている=マツダ提供

 豪雨の影響で、広島市の宇品第1、第2工場と、山口県防府市の防府第1、第2工場の操業を7日に停止。11日も再開していなかった。

 12日から、宇品工場は昼勤のみの1直操業、防府工場は通常の操業で生産を再開する。安全面や交通状況などに配慮し、20日までこの形で操業する予定という。

 宇品工場では「CX-3」「CX-5」「CX-8」、ロードスターなどが、防府工場では「CX-3」「CX-5」と「アクセラ」「アテンザ」「デミオ」が生産されている。

 マツダは「地元企業として地域と連携をとりながら、必要な物資の提供や人的支援などを行っていく」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -