ニュース
» 2018年08月03日 15時13分 公開

全株式を売却:トヨタといすゞ、資本関係を解消 小型ディーゼルの協業進展なく

トヨタ自動車といすゞ自動車が資本関係を解消すると発表した。

[ITmedia]

 トヨタ自動車といすゞ自動車は8月3日、資本関係を解消すると発表した。トヨタは今後、保有するいすゞ株式の全部を売却する。

photo 提携発表時のニュースリリース=トヨタのWebサイトより

 両社は2006年11月、ディーゼルエンジンを中心とした開発・生産などで協業することで合意。1.6リッタークラスのアルミブロック製ディーゼルエンジンを開発し、欧州市場向けトヨタ車に搭載することを目指していた。

 提携に伴い、トヨタはいすゞ株式の5.89%分を三菱商事と伊藤忠商事から取得し、資本参加した。

 ただ、市場環境の変化もあり、当初検討していたプロジェクトの一部が中止になるなど、具体的な進展がなかったという。こうした実態を勘案し、資本関係を見直すとしている。

 今後も要素技術レベルの共同開発を継続するなど、良好な関係を維持し、今後の取引の可能性についても常にオープンな姿勢であることに変わりはないとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -