ニュース
» 2018年08月03日 15時57分 公開

実際のパスワードが……:仮想通貨を要求する脅迫メールが拡散

JPCERTコーディネーションセンターによると、7月21日ごろからビットコインを要求する不審な英文メールが出回っているようだ。

[中澤彩奈,ITmedia]

 JPCERTコーディネーションセンターによると、7月21日ごろからビットコインを要求する不審な英文メールが出回っているようだ。パスワードの再設定やログイン履歴の確認、ウイルス対策ソフトの利用をするなど冷静に応じるよう呼び掛けている。

photo 脅迫メールの一部抜粋=JPCERTコーディネーションセンターより

 脅迫メールの文面には複数のパターンがあり、メール本文中には犯人がなんらかの方法で入手したとされるメール受信者のパスワードが記載されている。

 「ポルノ動画を閲覧している姿をWebカメラで撮影した」「拡散されたくなければ仮想通貨を支払え」などと脅してくるという。

photo 警視庁サイバーセキュリティ対策本部の公式Twitterアカウン

 警視庁サイバーセキュリティ対策本部の公式Twitterアカウントも、脅迫メールを受け取っても相手の要求には応じないよう呼び掛けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -