ニュース
» 2005年06月20日 13時10分 UPDATE

UFJカードで不正利用も、カード情報大量流出で

米国で4000万枚以上のクレジットカード情報が流出した事件に関連して、UFJカードの一部の会員情報を元に不正利用が行われたことが確認された。

[ITmedia]

 米国で4000万枚以上のクレジットカード情報が流出した事件に関連して、UFJカードは6月20日、一部の顧客のカード会員情報を元に不正利用が行われたことを明らかにした。

 UFJカードではマスターカードと提携してクレジットカードを発行しているが、そのうち一部のカード会員情報を元にした不正利用が確認されたという。同社では当該顧客に対し、カード再発行などの形で対応を行う。不正利用分の負担は請求しない方針。

 また日本信販も、一部顧客のカード情報が流出したとの連絡を受けたことを明らかにしている。流出した可能性があるのは、米国の加盟店でクレジットカードを利用した顧客の情報。同社では引き続き情報の確認を進めつつ、情報が流出した可能性のある顧客にカードの再発行を行う。

 今回のカード情報大量流出事件では他に、UCカードなど国内のカード会社各社が情報の確認に当たっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ