速報
» 2006年03月15日 07時58分 UPDATE

MS月例アップデート2件を公開

3月の月例セキュリティアップデートは2件。「緊急」レベルの1件では、リモートからのコード実行につながるOfficeの脆弱性に対処した。

[ITmedia]

 米Microsoftは3月14日、Officeの脆弱性などに対処した月例セキュリティアップデート2件を公開した。

 最大深刻度「緊急」のセキュリティ更新プログラム(MS06-012)では、リモートからのコード実行につながるOfficeの脆弱性に対処した。影響を受けるのはOffice 2000 SP3、Office XP SP3、Office 2003 SP1/2、Works Suites、およびOffice X for Mac、Office 2004 for Mac。

 この脆弱性は、細工を施したExcelファイルを使って悪用される恐れがあり、リモートからコードを実行されてコンピュータが完全に制御されてしまう可能性がある。

 もう1件のアップデート(MS06-011)は最大深刻度「重要」で、低い権限しか持たないユーザーがサービス関連のプロパティを変更して、システムを完全に制御できてしまう可能性がある。Windows XP SP1とWindows Server 2003が影響を受ける。

 このほかに、悪意のあるソフトウェアの削除ツールも更新版がリリースされた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -