ニュース
» 2006年03月15日 11時56分 UPDATE

マイクロソフトもWinnyウイルス対策強化、解説サイトを公開

マイクロソフトは、P2P型ファイル共有ソフト「Winny」経由で感染し、ネットワーク上に情報を流出させるウイルス「Antinny」に対する対応を強化することを発表した。

[ITmedia]

 マイクロソフトは3月15日、P2P型ファイル共有ソフト「Winny」経由で感染し、ネットワーク上に情報を流出させるウイルス「Antinny」に対する対応を強化することを発表した。併せて、WinnyおよびAntinnyの挙動と対策方法について、イラスト付きで解説するWebサイトも公開している。

解説サイト マイクロソフトが公開した「ファイル共有ソフトによる情報の流出について」という解説サイト

 今回の対応強化では、同社がセキュリティパッチと同時に毎月アップデートしている「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」を更新し、Antinnyをはじめとする情報流出型のウイルス、43種類の駆除を行えるようにした。同ツールは、Microsoft Update(Windows Update)のサイトのほか、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」のWebサイト上でも実行できる。

 ただし、この削除ツールはリアルタイム検出に対応しておらず、かつ検出可能なのは既知のウイルスのみ。新たに登場してくる亜種への対応は、次のアップデートを待つ必要があるため、過信は禁物となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -