速報
» 2006年03月24日 17時22分 UPDATE

「Yahoo!ショッピング」出店のワインショップから情報流出

「Yahoo!ショッピング」などに出店しているワインショップから受注情報が流出。社用PCにショップ経営者の身内がWinnyをインストールしてしまったのが原因という。

[ITmedia]

 ヤフーは3月24日、「Yahoo!ショッピング」などに出店しているワインショップから受注情報8223件が流出したと発表した。ショップが使っていたPCがウイルスに感染し、Winnyネットワークを通じて流出したという。

 流出元はワインショップ「カーブ・ド・ヴァン萬屋」。流出ファイル数1万268件のうち、受注情報はYahoo!ショッピング分が8223件、楽天市場分が3件だった。

 Yahoo!ショッピング経由の分は、2004年3月22日から2005年9月16日までの受注情報で、届け先と請求先の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、購入商品名、クレジットカード決済の場合は名義人の氏名と生年月日。カード番号や有効期限などは含まれていないという。

 ショップを運営している萬屋商店(東京都杉並区)によると、社用PCは個人利用を制限していたが、経営者の身内が個人的な目的でWinnyをインストールし、利用していたという。その後Winnyは削除したが、既にウイルスに感染し、情報が流出した後だったとみられる。

 流出は23日に判明し、ヤフーは同店の新規受注を停止した上で調査、事実関係を確認して休店処分とした。ヤフーは「加盟店からお客様の情報が流出したことはきわめて遺憾」とし、加盟店に対しウイルス対策とファイル共有ソフトについて注意を喚起し、店舗の情報管理強化を支援していくとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -