ニュース
» 2006年04月03日 18時36分 UPDATE

東京工業大学、国内最高速スパコンを稼働

東京工業大学で国内最高速となるスパコン「TSUBAME」が本格稼働を開始した。現在85テラFLOPSの処理性能は今後、100テラFLOPSにまで拡張される予定。

[ITmedia]

 東京工業大学は、4月3日より国内最高速の計算能力を持つ新スーパーコンピューティング・グリッドシステム「TSUBAME」(Tokyo-tech Supercomputer and UBiquitously Accessible Mass-storage Environment)が本格稼働したことを発表した。TSUBAMEは「みんなのスパコン」をキャッチフレーズに、今年度の同大学新入生を含む学生や教職員すべてに利用権限が付与される。

 同スパコンの理論演算性能は約85テラFLOPSで、この3月に稼働した高エネルギー加速器研究機構のスパコン(理論演算性能約59テラFLOPS)や、海洋研究開発機構の「地球シミュレータ」(同約40テラFLOPS)を抜き、国内最速となる。また、今後の予定として、SIMDアクセラレータを600ノード程度に強化し、処理性能を100TFLOPS超にまで高める計画。

 NECが学術国際情報センター内に構築した同システムでは、東京工業大学学術国際情報センターの松岡聡教授を中心とするグループで仕様策定が行われ、AMDのデュアルコアOpteronを搭載したSun Microsystems製サーバ「Sun Fire X4600」が採用された。OSにはSuSE Linix Enterprise Server 9が採用された。

 ノード数は655で、合計1万480個というCPUコアの数は、PCクラスタ型スパコンとしては世界でも類を見ないが、メモリ21.4テラバイト、ストレージ容量1.1ペタバイトと、こちらも国内では最大となる。

 同大学では、旧システムの約160倍以上の理論演算性能を持つ同システムにより、電磁流体ダイナモの計算による地磁気変動の将来予測、計算化学による生体物質の構造機能予測解析をはじめとするさまざまな分野の研究プロジェクトの複雑な問題の解決に活用するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -