ニュース
» 2006年08月30日 07時00分 UPDATE

VistaはMSDEをサポートせず――影響するシステム数は膨大に? (1/2)

デスクトップデータベース技術のMSDE 1.0および2000が、Windows VistaとLonghorn Serverではサポートされないことになった。この影響を受けるアプリケーションの数は多いことが予想され、後継版への移行は厄介な作業になるかもしれない。

[Greg DeMichillie,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 デスクトップデータベース技術のMSDEが、Windows VistaとLonghorn ServerではサポートされないことがMicrosoftから発表された。MSDE(Microsoft Data EngineやMicrosoft SQL Desktop Engineとも呼ばれる)は、SQL Serverリレーショナルデータベースエンジンの無料バージョンで、デスクトップやキャパシティの低いサーバ用に設計されている。

 この発表は、Microsoftも含め、MSDEをアプリケーションに搭載している多くのソフトウェアベンダーが、VistaやLonghorn Serverをサポートするには、それらのアプリケーションをアップデートしなければならないことを意味する。さらに、VistaやLonghorn Serverを導入したいと考える企業は、まずMSDEのインスタンスや、MSDEに依存するアプリケーションを特定してアップグレードしなければならない。これは厄介な作業になるかもしれない。

 MSDEには、MSDE 1.0と2000の2つのバージョンが存在し、どちらもWindows VistaとLonghorn Serverではサポートされない。2005年末にMSDEの後継製品としてSQL Server 2005 Express Editionがリリースされており、VistaとLonghorn Serverでは、このExpress Editionだけがサポートされる。

メインストリームサポート期間でも上位互換は保証されない

 MicrosoftはVistaとLonghorn ServerでMSDEをサポートしない理由として、MSDEがMicrosoft Updateで自動更新できないことを挙げている。だが、MSDEをVistaの強化されたセキュリティ機能(User Account Protectionなど)に対応させる上での問題も、理由の1つになったとみられる。

 しかし、VistaとLonghorn ServerでMSDEをサポートしないという決定は、意外なものだ。MSDE 2000は2008年4月まで、製品ライフサイクルの中でフルサポートが提供される期間であるメインストリームサポートフェーズにあるからだ。このことは、メインストリームサポートというフェーズ区分の重要な限界を浮き彫りにしている。つまり、メインストリームサポートフェーズにある製品であっても、Windowsやそのほかのプラットフォームソフトウェアの新バージョンで動作することは保証されないということだ。

 Microsoftの位置づけでは、メインストリームサポートフェーズとは、製品がリリース当初の対応プラットフォーム上で利用されるという前提で、同社が問題やバグの修正要求に対応し、有料サポート契約を提供する期間を定めたものにすぎない。ある製品がメインストリームサポートフェーズにあるとしても、そのプラットフォームである製品に対する変更や修正は、Microsoftの独自の裁量で進められている。

開発者やIT部門への影響

 MicrosoftはVista上でMSDEの動作を十分にテストしておらず、どのような問題が起こりうるかを顧客に伝えていない。SQL Expressチームのプログラムマネジャー、Mike Wachal氏は、VistaとLonghorn ServerでMSDEをサポートしないことを発表したブログで、こう述べている。「われわれはVista上でのMSDEの機能については、一切保証しない」「Windows XPからVistaにアップグレードすると、MSDEが動作しなくなるという事例報告を聞いている。MicrosoftはVistaでMSDEをサポートしないため、これは問題として残されることになる」

       1|2 次のページへ

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ