ニュース
» 2007年05月09日 12時31分 UPDATE

知識はあっても生計は…… openSUSE調査に見るデスクトップLinuxのユーザー像

openSUSE 10.2のユーザーを対象に実施した調査で、デスクトップLinuxユーザーの姿が浮き彫りになった。

[ITmedia]

 デスクトップLinuxのユーザーは20代の男性が多数を占め、コンピュータには詳しいがそれで生計を立てているとは限らない――。「openSUSE 10.2」のユーザー調査でそんな姿が浮き彫りになった。

 調査はopenSUSE 10.2のユーザーを対象に実施され、2万7462人から回答があった。性別は男性が98%と圧倒的多数。年齢別に見ると20代が最も多く、25〜29歳が17.9%、20〜24歳が17.5%を占めている。

 職業は学生が25%、システム管理者が21.4%、オフィスワーカーが14.9%、その他28.5%。コンピュータ経歴は「経験はあるが技術スキルを持たないユーザー」が35.7%で最も多く、「ITで生計を立てている専門知識を持ったユーザー」の32.9%を上回った。

 openSUSEプロジェクトに参加しているのは少数派で、84.7%が「かかわっていない」と回答。OSはLinuxのほかにWindowsをインストールしているというユーザーが69.5%に上っている。

 今後のopenSUSEに対する要望については、「ハードウェアのサポート向上」を望む声が68.9%と最も多く、「ソフトウェアパッケージの増加」も44.6%が挙げた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -