ニュース
» 2008年01月25日 16時45分 UPDATE

日本ベリサイン、セキュリティ監視の代行サービスを終了へ

日本ベリサインはマネージド・セキュリティ・サービスを終了することを決議したと発表した。

[ITmedia]

 日本ベリサインは1月25日、同日開催の取締役会において、4月末日をもってマネージド・セキュリティ・サービスを終了することを決議したと発表した。

 マネージド・セキュリティ・サービスは顧客企業内にあるファイアウォールや不正侵入検知装置などを、外部のセンターから顧客企業の代わりに監視・管理するサービスのこと。2006年4月に開始していた。

 同社によると「顧客へのサービス提供の遅れが発生してしまったり、サービス料金の低下が進んだりしたことで、同サービスの運営環境は厳しく、継続は困難と判断した」という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -