ニュース
» 2008年02月29日 19時27分 UPDATE

ネットワーク監視ツールの「Nagios」にXSSの脆弱性

ネットワークのホストやサービスの稼働を監視する「Nagios」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が発見された。

[ITmedia]

 ネットワーク上のホストやサービスなどの稼働状態を監視するソフトウェア「Nagios」にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が発見されたとして、情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンターとJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)が2月29日、JVN(Japan Vulnerability Notes)に情報を公開した。

 対象となるのは、Nagios 3.0rc1より前のバージョンで、Webページを出力する際の処理が不適切なため、任意のスクリプトが埋め込まれる脆弱性があり、ユーザーが意図しないコードがWebブラウザ上で実行される恐れがあるという。

 JPCERT/CCおよび製作者では、最新バージョンへアップデートするように呼びかけている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -