レビュー
» 2008年04月18日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:従来型の単一要素認証では「オンラインID」の窃盗被害は防げない

近年、オンラインサービスの拡大を背景に、ユーザー名やパスワードといったオンラインIDの窃盗被害が急増している。しかし、これらの脅威に対抗するためには従来型の単一要素認証では不十分だ。ここでは、最新のオンラインID攻撃対策を解説する。

[PR/ITmedia]

 インターネットを活用したオンラインサービスの拡大を背景に、ユーザー名やパスワードといったオンラインIDの窃盗被害が急増している。

 これまで多く用いられてきたパスワードを利用した単一要素認証は、こうしたオンラインID攻撃に対し本質的な脆弱性を持っている。一度、ユーザー名やパスワードが盗み出されてしまえば、その被害は個人のみならず企業にも莫大な被害をもたらす。最近では、オンラインIDを盗み出し転売することを目的に作成されたマルウェアが世界中で検出されるなど、不正アクセスからユーザーの資産を守るための認証セキュリティの強化が急務となっている。

 このホワイトペーパーでは、多様な認証方式と柔軟なリスクベース認証をサポートしながら、使いやすく導入コストの安い最新のオンラインID攻撃対策を解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ