ニュース
» 2008年05月07日 08時03分 UPDATE

脆弱性に対処したPHP 5.2.6が公開

最新版のPHP 5.2.6は安定性を強化し、120件あまりのバグの修正が盛り込まれている。

[ITmedia]

 PHPの開発チームは5月6日、複数の脆弱性に対処した最新バージョン「PHP 5.2.6」の提供を始めた。

 PHP 5.2.6は安定性を強化し、120件あまりのバグの修正を盛り込んでいる。セキュリティ関連では、FastCGI SAPIのスタックバッファオーバーフロー問題など5件の脆弱性に対処した。

 セキュリティ企業Secuniaによる危険度評価は5段階で中程度の「Moderately critical」となる。脆弱性を悪用されるとセキュリティ制限をかわされたり、サービス妨害(DoS)状態を誘発してシステムを制御される恐れもある。

関連キーワード

PHP | 脆弱性 | バグフィックス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ