ニュース
» 2008年05月12日 16時45分 UPDATE

サンとシスコ、ディザスタリカバリ分野で協業

サンとシスコは、ディザスタリカバリに対応するソリューション「セキュアDRソリューション」を開発した。

[ITmedia]

 サン・マイクロシステムズとシスコシステムズは5月12日、ディザスタリカバリ分野で協業し、情報漏えいに対応できるソリューションを5月21日に提供すると発表した。

 2社が提供するソリューションの名称は「セキュアDRソリューション」。通信経路上を流れるデータレプリケーションのデータを暗号化して、ネットワークのセキュリティ強化を行うもの。サンの非同期型レプリケーションソフトウェア「Universal Replicator」と、シスコのマルチサービスモジュラスイッチ「Cisco MDS 9222i」を組み合わせて提供する。回線が遅れやすい長距離の環境でも安定したパフォーマンスが発揮できるという。

 Universal Replicatorの稼働システム環境である「Sun StorageTeK 9990V/9985V」は、大規模なミッションクリティカル環境で利用できるデータセンター向けのストレージシステム。データの二重化や他社製ストレージのデータコピー機能、ストレージの容量を仮想的に利用できる機能を備えている。

 Cisco MDS 9222iは、FC-SAN(Fibre Channel-Storage Area Network)に加え、IP-SAN(Internet Protocol Storage Area Network)にも対応し、WAN側へのデータ通信を暗号化できる伝送装置。長距離回線での活用に適している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -