レビュー
» 2008年05月20日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:情報漏えいはセキュリティポリシーを決めるだけでは阻止できない!

業務で扱うPCの操作や、電子データ取り扱いに潜む情報漏えいのリスクをポリシーでコントロールし、内部統制強化に役立つ仕組みづくりを実現する、情報漏えい防止システムの紹介(提供:NTTデータ・セキュリティ)。

[PR/ITmedia]

 内部統制の構築において、情報セキュリティは重要な要素だ。業務で扱うPCの操作や電子データ/重要情報の取り扱いについては、セキュリティポリシーがすでに策定されていることが多い。では、果たしてそのポリシーは適切に運用できているのだろうか?

 情報の取り扱いに潜む「リスク認識の差異」「見落とし」「業務効率を無視した運用」という問題点を克服し、ルールを確実に実施するためには、システムによる仕組みづくりが鍵となる。情報持ち出し時の承認/暗号化、デバイス/ポート/ソフトウェアなどの制御、ログの取得/可視化などの機能を備えたソフトウェアによる、効果的な情報漏えい対策について解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -