ニュース
» 2008年05月29日 08時23分 UPDATE

Leopardでは3番目:Apple、Mac OS X 10.5.3を公開――多数のセキュリティ問題に対処

AppleはMac OS X 10.5.3を公開。セキュリティアップデートでMac OS X 10.4.11の脆弱性にも対処した。

[ITmedia]

 米Appleは5月28日、Leopardの3番目のアップグレードとなるMac OS X 10.5.3を公開した。多数の脆弱性を修正したほか、バグフィックスや機能強化を盛り込んでいる。

 「セキュリティアップデート2008-003/Mac OS X 10.5.3」では、計26項目の脆弱性に対処した。このセキュリティアップデートはMac OS X 10.4.11も対象となっている。

 脆弱性の影響を受けるアプリケーションは、AFP ServerやApache、Apple Pixlet Video、iCal、メール、rubyなど多数にわたり、細工を施したファイルなどを使って任意のコードを実行できる恐れのある深刻な脆弱性も多数含まれている。セキュリティ企業のCore Security Technologiesが21日に公開したiCalの脆弱性も修正された。

 アップデートはアップルメニューの「ソフトウェア・アップデート」またはダウンロードページ経由で入手できる。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ