レビュー
» 2008年05月30日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ゼロデイ攻撃を予防するアプライアンスの仕組みを解説

エクストリーム ネットワークスが提供するギガビット対応セキュリティアプライアンスは、なぜ事前にゼロデイ攻撃を察知できるのか? その機能や動作を読み解く(提供:エクストリーム ネットワークス)。

[PR/ITmedia]

 ネットワークのセキュリティを確保するため、IT管理者はさまざまな対策を施している。アンチウイルスやファイアウォール、IDS(侵入検知システム)/IPS(侵入防止システム)などがその例だ。しかし、これらの製品だけでいわゆる「ゼロデイ攻撃」への予防措置を取るのは難しい。さらに、モバイル環境の普及により外部からの脅威による被害も深刻化している。例えば、持ち込みPCがウイルスなどに感染していた場合、数分単位でネットワーク機能が停止してしまう可能性がある。

 セキュリティ脅威がネットワーク全体に拡散する前に、その被害を防止してネットワークの安全を守るためにはどうすればよいのか? エクストリーム ネットワークスが提供する「Sentriant NG300」は、ネットワーク上の「ふるまい」を常時監視し、ゼロデイ攻撃による被害を未然に防ぐセキュリティアプライアンス製品。このホワイトペーパーでは、同製品の動作の仕組みや検知方法について解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -