ニュース
» 2008年08月21日 18時42分 UPDATE

グループウェアのLa!cooda WIZとLacoodaSTに複数の脆弱性

クロスサイトスクリプティングやセッション固定の脆弱性など4件の脆弱性が見つかった。なりすましやリモートから任意のコードを実行される可能性がある。

[ITmedia]

 グループウェア製品であるシステム・コンサルタンツの「La!cooda WIZ」およびスペースタグの「LacoodaST」に複数の脆弱性が見つかった。情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンターとJPCERTコーディネーションセンターが8月21日、JVN(Japan Vulnerability Notes)で情報を公開した。

 脆弱性は合計4件で、クロスサイトスクリプティングとクロスサイトリクエストフォージェリ、任意のPHPスクリプトが実行可能な脆弱性の3件は、La!cooda WIZとLacoodaSTに存在する。セッション固定の脆弱性はLacoodaSTに存在する。

 これらの脆弱性が悪用されると、第三者によるユーザーのなりすましや任意のコード実行、情報漏えい、システムの改ざんの影響を受ける可能性がある。対象となるのは、La!cooda WIZ 1.4.0およびそれ以前とLacoodaST 2.1.3およびそれ以前。

 システム・コンサルタンツはLa!cooda WIZ 1.4.2、スペースタグはLacoodaST 2.1.4でこれらの脆弱性に対処した。IPAでは、早期にアップデートするようユーザーに呼びかけている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -