ニュース
» 2008年10月14日 08時11分 UPDATE

Sun、プロキシサーバの修正パッチ公開

「Sun Java System Web Proxy Server」に深刻な脆弱性が見つかった。

[ITmedia]

 米Sun Microsystemsのプロキシサーバ「Sun Java System Web Proxy Server」に深刻な脆弱性が見つかり、同社が修正パッチを公開した。

 影響を受けるのは、Sun Java System Web Proxy Server 4.0。FTPサブシステムにヒープオーバーフローの脆弱性があり、悪用されると権限のないユーザーがローカルまたはリモートで任意のコードを実行できるようになる。

 Sunは、各プラットフォームごとに修正パッチを公開し、脆弱性に対処した。また、アップデート版のJava System Web Proxy Server 4.0.8もダウンロード提供している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -