連載
» 2008年10月22日 08時00分 UPDATE

悲しき女子ヘルプデスク物語:ITギョーカイに付きまとう「コトバ」の問題 (1/3)

わたしが働くITギョーカイの言葉は、なんて分かりにくいんだろう。というより、なんて「日本語じゃない」んだろう。まあ、モトが英語だから、当たり前といえば当たり前なんだけど……。

[鐙貴絵,ITmedia]

 IT関連のヘルプデスク業務では、どうしても「言葉足らずな人たちの言葉の間を埋める」という作業が必要になる。例えば「インターネットできない」という言葉は、「Webブラウザが、該当するWebページを表示してくれない」という意味だ。わたしの頭の中では、このような翻訳とも行間を埋めるともつかない変換を一瞬で行うクセがついてしまった。

 でも時として、この変換作業がアダになり、混乱を招くこともあるのよね。


 つい先日のこと。ノートPCを支給されている、F女史から電話が入った。

Fさん キーボードがヘンなんです!

わたし 入力できないんですか?

Fさん 入力はできるけど、アルファベットが出てこないんです……。

 アルファベットが出ない? ということは、ひらがなが出てしまうのか? とっさに脳内変換するわたし。たぶん彼女が言いたいのは、何かの拍子に「かな入力モード」が設定されて、ローマ字入力をしたいのにひらがなが入力されてしまう、ということだろう。

わたし かな入力がロックされていませんか? それとも……

Fさん そう思って、直したんですけど、まだおかしいんです!

 わたしがしゃべり終わるより早く、ピシャリとさえぎられてしまった。

イラスト:本橋ゆうこ イラスト:本橋ゆうこ

 かな入力モードを直したけどまだおかしい? Windows XPでは、キーボード入力の状態をかな入力にしたままシャットダウンすると、再び起動したときもかな入力モードのままになる。この場合、キーボードから切り替えても、いざキーを押すとかな入力モードが自動的に設定されてしまう。元のローマ字入力モードに戻すためにはMS IMEのプロパティから、設定をローマ字入力にしなければならない。

 そこでわたしは、次のように提案してみることに。

わたし キーボードから設定をローマ字に変えても戻ってしまうようなので、マウスを使ってMS IMEのプロパティから直してみましょうか。

 するとFさん。

Fさん やりました! マウスでプロパティ画面を出して、設定をローマ字入力にしたんです。普通はこれで直りますよね? でも直らないんです。やれることはやりました。でも、まだおかしいんです。

 んー? プロパティから変えてもかな入力状態が残る? そんなことがあるかしら? 少なくともわたしは経験がない。こりゃ、電話でのサポートはムリそうだわ……。

 どうやらFさんは、ある程度PCの使いこなしに詳しい人らしい。そして、そういう人がヘルプコールしてきた時は、やっかいな問題であることが多い。さて、どんなトラブルなのか。ドキドキしながら現場に向かうわたし。

 そこでわたしが見たものは……。

 NUMロックされ、一部のキーを押すと数字が入力されるノートPCだった。

 えー! さっき、ひらがなが出るって……あ、言ってない。彼女は「アルファベットが出ない」って言っていた。それをわたしが、かな入力モードになってるって、思い込んだのでした。とはいえFさんも同様の、しかしまったく別次元の思い込みをしていて、かな入力モードを一生けんめい直したのに、と困っていたわけだ。

 思い込みって、コワい。本当は情報が間違って伝わっているのに、両者が異なる思い込みをしているがために、会話が成立してしまうフシギ。こんなこと、コメディの世界だけだと思っていたが、そうではないらしい。

 そういえば昔、「マウスをマイコンピュータのアイコンに合わせて……」と指示すると、ディスプレイにマウスそのものを押し当てるおじ様が、1人はいたっけ。そんなCMもあったなあ。確かに、正しくは「画面に表示された白い矢印を、マイコンピュータのアイコンの位置に移動させる」だものね。こちらの指示が正確じゃないのよね。ITギョーカイの人間同士だと、「マウスを合わせる」で通じてしまうんですもの。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -