ニュース
» 2008年10月22日 15時50分 UPDATE

エフ・セキュア、Linux向けセキュリティ対策スイートを発売

CentやUbuntuなどへの対応を強化したほか、コマンドライン操作に特化したバージョンも発売する。

[ITmedia]

 日本エフ・セキュアは10月22日、Linux向けのセキュリティ対策スイート製品の最新版「Linuxセキュリティ フル エディション」および「同コマンドライン エディション」「アンチウイルス Linux ゲートウェイ V3.0」の3製品を発売した。

 Linuxセキュリティ フル エディションは、Linuxサーバ向けにウイルス/スパイウェア対策やファイアウォール、不正侵入防御(IPS)機能を搭載する。最新版ではウイルススキャンエンジンや圧縮ファイルの展開プロセスの改良でパフォーマンスを向上させたほか、

Cent OS V4、V5およびUbuntu V8.04に対応した。コマンドライン エディションでは、GUIを持たず、コマンドラインからのマニュアルスキャン操作ができるという。

 Linux ゲートウェイ V3.0では、Web管理画面のデザイン変更による操作性の改善やログ検索機能の追加、ウイルススキャンエンジンや定義ファイルの更新方法の改良でパフォーマンスを高めたとしている。

 価格はLinuxセキュリティ フル エディションが1サーバ当たり8万8000円、コマンドライン エディションが同3万5000円、Linuxゲートウェイ V3.0がユーザー数25人以下の場合で11万7000円となる。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -