ニュース
» 2008年12月10日 18時23分 UPDATE

Flash Playerの脆弱性を利用:びわこ競艇、不正アクセスでホームページの運用を一時停止

Adobe Flash Playerの脆弱性を利用し、任意のプログラムをダウンロードして実行する不正スクリプトが埋め込まれていたとして、びわこ競艇はホームページを一時停止している。

[ITmedia]
image 12月10日18時現在、びわこ競艇はホームページの運用を停止している

 びわこ競艇は12月8日、同社のホームページに掲載している掲示板が外部からアクセスを受け、不正スクリプトが埋め込まれていたと発表した。現在ホームページの運用を一時停止している。

 この不正スクリプトは、「Adobe Flash Player 9.0.115.0」およびそれ以前のバージョンの脆弱性を利用し、任意のプログラムをダウンロードして実行するもの。12月8日の3時37分から9時45分までに掲示板を閲覧した場合、ウイルスに感染している恐れがあるとして、同社は注意を呼び掛けている。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -