ニュース
» 2009年02月09日 07時25分 UPDATE

LaserJetプリンタにも:HP OpenViewにコード実行の脆弱性

HPがOpenViewの脆弱性を修正するパッチを公開。LaserJetプリンタの脆弱性に対処するファームウェアアップデートも公開した。

[ITmedia]

 米HP(Hewlett-Packard)は、ネットワーク管理製品OpenViewにコード実行の脆弱性が見つかったとしてサポート文書を公開し、修正パッチをリリースた。これとは別に、HPのLaserJetプリンタにも脆弱性が見つかり、修正した。

 OpenViewの脆弱性は、OpenView Network Node Manager(OV NNM)7.01/7.51/7.53に存在し、HP-UX、Linux、Solaris、Windowsの各OS版が影響を受ける。

 この問題を悪用された場合、リモートから任意のコードを実行される恐れがある。リスク評価は共通指標CVSS 2.0のベーススコアで7.5(最高値10)となっている。

 一方、プリンタの脆弱性はHP LaserJetプリンタ、HP Color LaserJetプリンタ、HP Digital Sendersが影響を受ける。悪用されると、リモートからファイルに不正アクセスされる恐れがあり、HPはファームウェアアップデートを通じて問題を修正している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

脆弱性 | HP Software(OpenView) | パッチ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ