ニュース
» 2009年02月13日 15時30分 UPDATE

新型インフルエンザ対策に:NTTソフトの新製品 USB型認証デバイスでリモートオフィス環境を迅速に構築

NTTソフトウェアは新型インフルエンザの流行といった緊急時に、自宅から社内PCにアクセスして業務を続行できる環境を構築するソリューションを発表した。

[ITmedia]
tsg0213ntt.jpg サービスの構成図(提供:NTTソフトウェア)

 NTTソフトウェアは2月12日、自宅PCから社内PCにアクセスして業務ができるリモートオフィス環境を構築するソリューションを2月13日から販売すると発表した。新型インフルエンザの流行時など、社内での業務が困難な時に活用できるとしている。

 同ソリューションで提供するのは、コンサルティングサービスとUSB型の認証デバイス。コンサルティングでは、システム運用の切り替え手順や運用マニュアル作成を支援する。認証デバイスは、自宅のPCにUSB型のマジックコネクトを差し込むだけで社内システムにアクセスできる。NTTアイティが運用するASPサービスを利用して認証や社内PCの操作をする。

 価格は、50ライセンスで350万円から。今後3年で5億円以上の売り上げを見込むとしている。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ