ニュース
» 2009年04月22日 12時52分 UPDATE

3年ぶりのメジャー更新:フォーティネット、4つの機能を追加した新OSを公開

フォーティネットは、UTMアプライアンス向けOSの最新版「FortiOS 4.0」を公開。WAN最適化など4種類の新機能を追加している。

[國谷武史,ITmedia]

 フォーティネットジャパンは4月22日、UTM(統合脅威管理)アプライアンス向けOSの最新版「FortiOS 4.0」を発表した。既存ユーザー向けのアップデート提供はすでに始めている。

 同バージョンでは、新たにWAN最適化、アプリケーション制御、SSL通信の解析、データ漏えい防止の4種類の機能を追加している。

 WAN最適化機能は、内部ストレージ搭載モデルや外部のストレージに接続可能なモデルで使用可能。ストレージにWebデータなどをキャッシュし、アプリケーションごとに圧縮を行うことで、WANの帯域を節約できる。効果はユーザーの環境によって異なるが、先行導入した企業ではCIFSで約50%、HTTPで約25%削減できたという。

fortinet02.jpg 制御できる主なアプリケーション

 アプリケーション制御では、Webアプリケーションの通信をシグネチャベースで監視し、機能単位で制御する項目を設定できる。約1000種のアプリケーションに対応し、国内で利用頻度の高いmixiやニコニコ動画などにも対応済み。例えばインスタントメッセンジャー(IM)では、オーディオ操作を禁止したり、ログを取得したりといった設定が可能となる。

 SSL通信の解析では、SSLの復号化/再暗号化をハードウェアベースで行い、トラフィックパフォーマンスへの影響を最小化したという。Webやメール、アンチウイルスの各メニューでHTTSの解析を有効にするだけで機能する。

fortinet01.jpg 西澤氏

 データ漏えい防止機能では、メールやIM、ドキュメント、圧縮データなどのデータを対象にユーザーが事前に設定したルールに基づいてコンテンツ内容を検査する。該当するデータに対しては、隔離やブロックなどの必要なアクションが取れるようになっている。

 保守契約済みのユーザーは無償アップデートできる。マーケティング本部長の西澤伸樹氏は、新OSについて「OSに各機能を統合することで、ユーザーはハードウェアなどを追加投資することなく利用でき、コスト削減などのメリットを提供する」と説明している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ