ニュース
» 2009年05月18日 17時51分 公開

任意のコード実行の恐れ:電子掲示板スクリプト「Trees」にXSSの脆弱性

CGI RESCUEのTreesのクロスサイトスクリプティングの脆弱性が見つかった。

[ITmedia]

 CGI RESCUEの電子掲示板スクリプト「Trees」のクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が見つかり、情報処理推進機構とJPCERT コーディネーションセンターが5月18日に情報を公開した。

 脆弱性はTrees v2.10以前に存在し、悪用されるとユーザーのWebブラウザ上で任意のコードを実行される可能性がある。CGI RESCUEは脆弱性を解消したv2.11を公開。併せて暗号化処理に関するバグも修正した。

 情報処理推進機構とJPCERT コーディネーションセンターは、最新版へのアップデートを推奨している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -