レビュー
» 2009年12月07日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Windows Server 2008 Hyper-V 製品の概要 − 早期の展望

マイクロソフトのハイパーバイザー「Hyper-V」。その概要とマイクロソフトの仮想化戦略について解説する(提供:マイクロソフト)。

[PR/ITmedia]

 Hyper-Vは、Windows Server 2008の主要な機能で、なじみのあるWindowsベースのサーバ管理ツールと統合できます。ライブ バックアップやQuick Migrationなどの強力な仮想化機能を利用するためにソフトウェアを新たに購入する必要はありません。

 仮想マシンと物理サーバで機能する完全なサーバ管理ソリューションが必要なユーザーのために、マイクロソフトのSystem Centerの製品群に高度な仮想マシン管理と監視機能が加わりました。Hyper-Vはオープン アーキテクチャであり、内部開発チームおよびサードパーティのソフトウェア開発者がテクノロジおよびツールを拡張することができます。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1500点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -