レビュー
» 2010年04月21日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Windows Server 2008 R2 自習書 (3) : AD RMS Bulk Protection Tool とファイル分類管理の連携

Active Directory Rights Management Services Bulk Protection Tool (AD RMS Bulk Protection Tool) とファイル分類管理機能を Microsoft Windows Server 2008 R2 上で展開して評価するためのテスト環境をセットアップする手順について説明します(提供:マイクロソフト)。

[PR/ITmedia]

 この自習書では、AD RMS Bulk Protection Toolとファイル分類管理 (FCI: File Classification Infrastructure) 機能を Windows Server 2008 R2 上で展開して評価するためのテスト環境をセットアップする手順について説明します。AD RMS の保護がファイルに追加されると、そのファイルは継続的に保護されます。自習書の No.1 と No.2 でもご紹介しているとおり、AD RMS の設定には、以下の方法があります。

  • ユーザーによる方法 (ユーザーによるファイル保護)
  • Office SharePoint Sever による サーバー サイドでの自動設定

 上記の方法に加えて、AD RMS Bulk Protection Tool を利用すると、特定のフォルダー配下のファイルに対して、一括設定ができます。FCIは、Windows Server 2008 R2 の新機能で、データのビジネス的な価値に基づいて事前に定義されたポリシーで、自動的にファイルを分類する機能ですFCI と AD RMS Bulk Protection Tool を利用することで、重要なファイルを分類し、一括で AD RMS の設定が行えるため、情報漏えい対策のソリューションを実現することができます。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1500点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -