レビュー
» 2010年06月22日 10時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:サービス品質に大ダメージ? 遅延やボトルネックの要因を取り除くTCP/IP帯域幅の制御

アプリケーションが品質の高いサービスをユーザに提供し続けるには、TCP パケットとトラフィック・フローの管理について理解が必要だ。Web トラフィック膨張時代のTCP/IP帯域幅管理を解説(提供:ブルーコートシステムズ)。

[PR/ITmedia]

 TCP/IPは、主にFTPおよびTelnetという2つの通信アプリケーションをサポートするために設計されたものだった。しかし、インターネットの発展に伴い、ネットワーク・アプリケーションとユーザの期待は変化している。

 TCPの信頼性を高めている特性の多くは、実は逆にパフォーマンスの問題にも深く関係している。本書では、高速通信を行うユーザや、Webトラフィックの急激な増加によって、ネットワークに対する需要が高まり、結果として生じているサービス品質に影響を与える遅延やボトルネックを PacketShaper を用いて解決していく方法を紹介している。

▼目次

はじめに

背景

帯域幅に関する問題点

帯域幅管理へのアプローチ

  • 帯域幅の追加
  • ルータのキューイングを使用
  • Web サーバのアップグレード
  • 詳細な制御方針の定義

PacketShaper は、どのように機能するのか

  • エンド・トゥー・エンド接続の制御
  • 正確な制御のためのトラフィック分類
  • 帯域幅の割り当て

PacketShpaer の利点

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ