レビュー
» 2010年11月08日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:IBM BladeCenterへのサーバ仮想統合とディスク一元バックアップ

IBM iの更新を検討するお客様を事例風に想定、「仮想統合・一元化」をキーワードに、IBM BladeCenter-Sを利用してIBM iの更新・仮想分割、IAサーバの統合、システムの一元バックアップを実現するベスト・プラクティスを紹介(提供:兼松エレクトロニクス)。

[PR/ITmedia]

 「今までと同じ金額、予算をください」では通用しない。IT基盤の更改を検討する際、あらゆる担当者様の念頭にあるこの事実。実際、既存の基幹サーバであるIBM iSeriesを購入する時には想定していなかった自社のWeb EDI採用やファイルサーバの台数増加、株式上場の検討など、今の基盤を構築した際にはなかったビジネス環境、成長戦略、情報化の進展も新たなIT基盤には要求されている。

 IT基盤更新による課題の解決と、成長戦略の礎づくり。サンプルとして挙げたA社の5つの課題、a.設置場所、b.iSeriesの老朽化、c.運用の分散、d.IT内部統制上の課題、e.セキュリティを解決する為に、IBM BladeCenter-Sを中心としたサーバの仮想統合と、業務継続性の向上に寄与するディスクからディスクへのバックアップ、それもIBM iとIAサーバのバックアップを一元化するソリューションを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1800点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -