ニュース
» 2010年12月03日 14時24分 UPDATE

BINDに複数の脆弱性、更新版で対処

サービス妨害(DoS)攻撃を仕掛けられたり、アクセス制限をかわされたりする恐れがある。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Internet Systems Consortium(ISC)は、DNSサーバソフト「BIND」の脆弱性に関する3件のアドバイザリーを12月1日付で公開した。

 ISCのアドバイザリーによると、脆弱性は3件あり、いずれもリモートで悪用される恐れがある。このうち2件が危険度「高」レベル、残る1件は「低」レベルとなっている。脆弱性を突かれると、サービス妨害(DoS)攻撃を仕掛けられたり、アクセス制限をかわされたりする恐れがある。

 脆弱性は9.7.2-P2までのバージョンに存在する。現時点でこの問題を突いた攻撃などは確認されていないという。ISCはBINDの各バージョンごとに更新版をリリースして問題を解決している。

関連キーワード

脆弱性 | BIND


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -