レビュー
» 2011年02月24日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:法制度施行に伴うデータ増大に対応するリアルタイムバックアップ

IFRSや内部統制において、証拠保全や事業継続計画(BCP)の観点から、電子メールやその通信記録、アクセスログなど証跡データの長期保存が義務付けられている。その結果、企業のデータ量が増大し、効率的なバックアップ体制の構築が急務となっている(提供:クオリティソフト)。

[PR/ITmedia]

 IFRSや内部統制などの法制度施行に伴い、企業はその経営の効率性・健全性を示すために必要な監査や評価の対象となるさまざまなデータの長期保存が求められるようになった。保存対象データの種類や量が増大した結果、これまで運用してきた週次や月次でのバックアップ方式では対応しきれない事態が発生している。また、バックアップツールには、事業継続計画(BCP)対策として迅速な業務再開のために必要なリストア機能も求められている。

 そんな中、多様なリストア機能を持つリアルタイム型バックアップツールが注目を集めている。本稿では、CDP(継続的データ保護)方式を活用したリアルタイム型バックアップツールの概要とその導入メリットを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ