ニュース
» 2011年02月24日 08時20分 UPDATE

ISC BINDにDoSの脆弱性、バージョン9.7.3に更新を

BIND 9.7.1〜9.7.2-P3にサービス妨害(DoS)の脆弱性が存在する。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Internet Systems Consortium(ISC)は、DNSサーバソフト「BIND」に脆弱性が見つかったとして、2月22日付でアドバイザリーを公開した。

 アドバイザリーによると、脆弱性はBIND 9.7.1〜9.7.2-P3に存在する。権威サーバがIXFRやダイナミックアップデートの処理を行いながらクエリーを受けると、デッドロックが発生してDNSサーバの全リクエスト処理が停止する可能性があるとされる。

 この問題を悪用された場合、サービス妨害(DoS)を誘発される恐れがあり、ISCは危険度を「高」と評価している。現時点で実際に悪用されたとの情報は入っていないという。

 最新版のBIND 9.7.3ではこの問題が修正されており、ISCではユーザーにアップデートを呼び掛けている。なお、9.7よりも前のバージョンは影響を受けず、BIND 9.8(リリース候補)にもこの脆弱性は存在しないとしている。

 米セキュリティ機関のSANS Internet Storm Centerは、BINDはインターネット上で攻撃の標的になりやすいと指摘し、基本的なセキュリティ対策を紹介して実践を促している。

関連キーワード

BIND | 脆弱性


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -