ニュース
» 2012年02月15日 12時00分 UPDATE

イベント情報:クラウドネットワークシンポジウム2012 〜「最先端のグリーンクラウド基盤構築に向けた研究開発」の可能性〜

高品質、高信頼、省電力の実現を目指す最先端研究の成果を披露。パネルディスカッションでは、ポストクラウド時代に日本が取り組むべきICT技術を有識者が議論する。

[PR/ITmedia]

 「最先端のグリーンクラウド基盤構築に向けた研究開発」受託機関は、2月23日に東京・品川で、2011年度総務省委託研究の成果を披露するイベント「クラウドネットワークシンポジウム2012」を開催する。

 クラウドコンピューティングが政府や企業等において本格的に導入されるに伴い、クラウドにはさまざまな要件が求められるようになってきた。高品質・高信頼であることに加え、環境への配慮やディザスタリカバリへの対応、さらにはデータやサービスの移動における互換性なども求められるようになってきている。

 本シンポジウムでは、招待講演として、DMTF(Distributed Management Task Force, Inc.) PresidentのWinston Bumpus氏、グローバルクラウド基盤連携技術フォーラム(GICTF)会長の青山友紀氏が登壇。また、高品質、高信頼、省電力の実現を目指した研究の成果を委託研究各社から披露するとともに、有識者によるパネルディスカッションを行う。

クラウドネットワークシンポジウム2012
〜「最先端のグリーンクラウド基盤構築に向けた研究開発」の可能性〜
会場 THE GRAND HALL 品川グランドセントラルタワー 3F
JR各線「品川駅」港南口よりスカイウェイにて直結(徒歩3分)
京浜急行「品川駅」よりスカイウェイにて直結(徒歩6分)
定員 300名
参加費 無料
主催 「最先端のグリーンクラウド基盤構築に向けた研究開発」受託機関
研究開発
委託元
総務省
協力 グローバルクラウド基盤技術フォーラム

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -