ニュース
» 2012年03月01日 17時03分 UPDATE

キングソフトのセキュリティソフトに脆弱性、サービス妨害の恐れ

Kingsoft Internet Security 2011に脆弱性が見つかり、キングソフトは修正対応を図った。

[ITmedia]

 キングソフトは3月1日、セキュリティ対策ソフト製品「Kingsoft Internet Security 2011」に、サービス運用妨害(DoS)攻撃につながる恐れが見つかったと発表した。同社は既に修正対応を図っている。

 脆弱性は同ソフトのデバイスドライバに存在し、パーソナルファイアウォール機能に影響を与えるという。脆弱性を悪用されると、システムにログイン可能な第三者がDoS攻撃を仕掛ける可能性がある。なお、最新版製品のKingsoft Internet Security 2012はこの脆弱性の影響を受けないという。

 同社は2月20日に実施したオンラインアップデートでこの脆弱性を修正。パターンファイルの更新日が同日以降であれば修復済みだとしている。

関連キーワード

KINGSOFT | 脆弱性 | ウイルス対策ソフト


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -