レビュー
» 2012年05月23日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ソフトウェア開発の可視化を実現しライフサイクル全体にわたるトレーサビリティを確保するMKS Integrity

ソフトウェア開発に関連する全ての作業や成果物(要件、モデル、プログラムコード、テスト等)を連携させながら管理し、ライフサイクル全体にわたるトレーサビリティを確保するソリューション「MKS Integrity」の機能をフリーソフトウェアとの比較も交えて解説した。

[PR/ITmedia]

 近年の組込み開発を取り巻く環境は非常に厳しいものになっている。開発規模は年々加速度的に拡大されているものの、開発期間はそれに比例せず、 短期間での開発を求められている。

 例えば自動車、産業用製品に代表される電気・電子機器、医療機器等には膨大な規模のソフトウェアが組み込まれおり、各企業にはシステムとして安全に動作することが求められている。

 このような厳しい状況の中で、ソフトウェア開発の生産性/品質の向上を実現するためにソフトウェア開発のトレーサビリティの確保、維持が今、重要視されている。

 MKS Integrity は、ソフトウェアが多用される製品の開発に関連する、あらゆる活動と成果物 (要件、モデル、コード、テストなど) のコーディネーションと管理支援し、それにより、総合的なライフサイクル追跡を実現するソリューションだ。本ホワイトペーパーでは、フリーソフトウェアとの比較も含めてMKS Integrityの機能を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ