レビュー
» 2012年06月13日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Exchange Server 2010、Oracle Database、事例から見る仮想環境移行メリット

ハードウェアや仮想化ソフトウェアの大幅なパフォーマンス向上に伴い、基幹アプリケーションの仮想化採用も進んでいる。複数の資料を用いて使用事例や導入のポイントを解説する。

[PR/ITmedia]

 本ホワイトペーパーは以下の3つの資料で構成されている。

1.「VMware環境でのMicrosoft Exchange Server 2010使用事例」

サポートに関する検討事項やExchange Serverのパフォーマンス、VMware vSphereとの親和性をはじめ、Exchange Serverを仮想化することのメリットなどについて解説。

2.「VMwareの仮想環境で稼働するOracle Database使用事例」

Oracle DatabaseはvSphere上で正常に動作することが確認されており、スケーラビリティ、可用性、およびパフォーマンスにおいて多大なメリットを提供する。vSphere上でOracle Databaseの仮想化を実装した主な使用事例とメリットについて説明する。

3.「VMware環境上のOracle Databaseのベストプラクティスガイド」

VMware vSphere環境にOracle Databaseを展開するためのベストプラクティスやガイドラインについて説明する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -