レビュー
» 2013年04月22日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:なぜ企業は「与信管理業務」を上手く運用できないのか

企業間の取引において欠かす事の出来ない与信管理。しかし、与信管理サービスの運用が非効率に行われているケースは多い。企業の円滑な「与信管理業務」を妨げる3つの課題とは?

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 取引先とビジネスを行う際に欠かせない業務となっている与信管理。現在ではインターネット経由で取引先の情報を入手している企業も多いだろう。しかし、そうした与信管理サービスの多くは、あらかじめ決められた機能しか使えず、自社の運用に沿ったサービスではないケースが多い。与信ルールの変更なども柔軟に行う事ができず、その結果として社内で与信情報が散在し、一元的な管理や閲覧が出来ない、非効率な状況を引き起こしている。

 本ホワイトペーパーでは、リスクモンスター社の独自調査で浮かび上がった「企業の与信管理業務」の実態について、以下の項目を中心に紹介している。

  • 社内における与信取引決済フローはどのようなものか
  • 全取引先の与信限度額、限度期限や取引条件などの顧客情報をどう管理しているか
  • 与信判断を行う際に定量分析(財務分析・決算書分析)を行っているか

 さらに、前述のような課題を解決する「クラウドサービスを使った新しい与信管理」についても紹介。クラウド上に統合的な与信管理情報基盤を構築することのメリットをわかりやすく解説している。

 与信管理業務に課題を抱えている企業の担当者は、必見のコンテンツだ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ