レビュー
» 2014年02月24日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Windows XPのサポート切れを、できるだけ安価に楽に乗り切る方法

Windows XPのサポート終了を目前に控えながらも、移行のコストや手間がネックになり、いまだに多くの企業がこのOSを使い続けている。Windows XPを使い続けることのリスクとは何か。また、手間やコストを抑えた移行手法として、今最も注目されている「アプリケーション仮想化」を解説する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 2014年4月のWindows XPサポート期間終了が迫りながらも、多くの企業は移行コストが掛かることを嫌い、いまだにこのOSを使い続けている。そうした企業は、OSのアップグレードに掛かる総コストを算出するだけでなく、Windows XPをサポート終了後も使い続けた場合のリスクもきちんと見極める必要がある。

 また、実際に最新OSへ移行する企業にとって課題となるのは、OS自体のアップグレードよりも、OS上で動くアプリケーションの互換性問題だ。対処としては、アプリケーションを全て新OS向けに作り直すなど、コストや手間を惜しまなければさまざまな方法がある。その中でも今回は、古いシステムをうまく活用し、コストを抑えた移行手法として最も注目されている「アプリケーション仮想化」を紹介する。これによって、最新OSに移行してもWindows XP向けに開発されたアプリケーションをそのまま使い続けることができる。

 資料では、Windows XPを使い続けることのリスク、アプリケーション仮想化の仕組み、具体的な幾つかの製品を紹介する。これを読めば、アプリケーション仮想化の全体像をつかめるだろう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -