ニュース
» 2014年10月06日 14時25分 UPDATE

カスペルスキー、盗撮対策を搭載した2015年版セキュリティソフト発表

最新版の個人向けセキュリティ製品ではWebカメラの不正操作による盗撮対策などが搭載され、ランサムウェア対策も大幅に強化された。

[ITmedia]

 カスペルスキーは10月6日、個人向けセキュリティソフトの最新版「カスペルスキー 2015 マルチプラットフォーム セキュリティ(Windows、Mac、Android向け)」を発表した。9日に発売する。

kspr01.jpg カスペルスキー 2015 マルチプラットフォーム セキュリティ

 最新版は新機能として「Webカメラのぞき見防止」「無線LAN安全診断」を搭載している。「Webカメラのぞき見防止」機能は、PC搭載のWebカメラに対する遠隔からの不正操作を防ぐもの。何らかのプログラムがWebカメラを起動しようとするとポップアップでユーザーに通知し、許可をしないと実行できない。

kspr02.jpg 米国では女子高生がWebカメラによるのぞき見被害に遭う事件も発生している

 無線LAN安全診断機能では公衆Wi-Fiスポットなどへ接続する際に、ネットワークの暗号化の強度を診断して、セキュリティに問題がある場合は警告メッセージを表示する。接続中にパスワードを暗号化せずに送信していないかのチェックも行うという。

kspr03.jpg 利用機会の広がるWi-Fiのセキュリティ状態をユーザーに通知する

 また、PCのファイルなどを暗号化などによって不正にロックし、ユーザーに金銭を要求する「ランサムウェア」対策も強化した。対策ソフトではPCのプログラムの動作を記録し、改ざんされた場合でもロールバックして復旧させる。従来はシステムファイルやレジストリなどに対応したが、最新版では写真や文書などのファイルも復元できるようになった。

 この他に、ネット決済の保護機能ではクリップボードのデータが不正に取得されるのを防止する機能を追加した。コピー&ペーストする入力データがマルウェアなどに盗聴されるのを防ぐという。フィッシングサイトの検知性能も強化され、200以上の基準や手法で判定精度を高めているという。

 税込み販売価格は1年1台のパッケージ版が4860円、ダウンロード版が3980円、1年プレミアライセンスが6980円などとなっている。

 また、2014年第4四半期にiOS端末向けのセキュアブラウザ、2015年第1四半期にパスワード管理ソフトの発売も予定している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -