ニュース
» 2015年07月15日 12時52分 UPDATE

トレンドマイクロ、セキュリティの技術競技会を開催

セキュリティ技術を競う大会を8月から開催。日本を含むアジア太平洋地域から参加できる。

[ITmedia]
tmftf01.jpg CTF Asia Pacific & Japan 2015

 トレンドマイクロは7月15日、セキュリティ技術の知識や実践力を競う大会「Trend Micro CTF Asia Pacific & Japan 2015」を開催すると発表した。8月にオンライン予選、11月に東京・新宿で決勝を行う。

 オンライン予選は標的型サイバー攻撃やIoT(モノのインターネット)、制御システムなど6カテゴリ各5問(計30問)を解いて、その得点を競う「ジェパディ」形式で行う。参加できるのは、国内を含む37の国・地域の20歳以上の在住者。開催は8月22日午後1時から23日午後1時までの24時間となる。上位10チーム(1チーム最大4人)が決勝に進出できる。

 決勝は11月21、22日にベルサール新宿セントラルパークで開催される。攻撃側と防御側に分かれて、それぞれ立場で攻防する「アタック・アンド・ディフェンス」形式で実施。優勝チームには賞金100万円と12月に台湾で開催される「HITCON CTF FINAL 2015」の出場権が与えられる。

 セキュリティ技術競技会は、日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)のSECCON実行委員会が主催する「SECCON 2015」なども開催されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ