ニュース
» 2015年08月12日 07時56分 UPDATE

Flash Playerの更新版公開 攻撃も頻発、早急対応を

Flash Playerはこのところ相次いで脆弱性が発覚し、攻撃も頻発していることから、ユーザーは対応を急ぐ必要がある。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Adobe Systemsは8月11日、Flash Playerのセキュリティアップデートを公開し、多数の深刻な脆弱性を修正した。脆弱性を悪用された場合、攻撃者にシステムを制御される恐れがあり、緊急度は最も高い「クリティカル」に指定している。

photo 告知サイト 緊急度は最も高い「クリティカル」に指定

 脆弱性を修正したFlash Playerの更新版は、バージョン18.0.0.232(WindowsとMac向け)、18.0.0.233(LinuxとChrome OS向け)、11.2.202.508(Linux向け)となる。AndroidやiOS向けのAIR SDKなどもバージョン18.0.0.199に更新された。

 Flash Player 18.0.0.232は、MicrosoftのWindows 10に搭載された新ブラウザの「Edge」にも対応している。EdgeではFlash Playerも自動的に更新されるため、ユーザー側の操作は不要。Windows 8.0/8.1上のInternet Explorer(IE)10/11と、GoogleのChromeについても、Flash Playerは自動的に最新版へ更新される。

 それ以外についてもAdobeは、Windows版(Flash Player 11.2.x以降)とMac版(Flash Player 11.3.x以降)で自動的にFlash Playerのアップデートを入手できるオプションを提供している。

 Flash Playerはこのところ相次いで脆弱性が発覚し、Adobeが対処する前に悪用されるゼロデイ攻撃も頻発していることから、ユーザーは対応を急ぐ必要がある。

photo AdobeのFlash Playerダウンロードサイト

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -