ニュース
» 2015年10月13日 07時37分 UPDATE

Apple、App Storeからアプリを削除 SSL/TLS通信傍受の恐れ

複数アプリをApp Storeから削除したが、名称は明らかにしていない。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleは10月9日、App Storeで提供されていた複数のアプリについて、root証明書をインストールしてデータをモニタしていた可能性があるとして、App Storeから削除したことを明らかにした。

 Appleによると、問題のアプリではSSL/TLSによるセキュリティ対策が破られる恐れがあった。SSL/TLSをかわされれば通信の暗号が解除され、ユーザーの個人情報などが傍受される可能性もある。

 ユーザーがこうしたアプリを端末にインストールしていた場合は、自分のデータを保護するために、アプリと関連する設定プロファイルをiPhoneやiPadから削除する必要があるとAppleは述べ、具体的な削除方法も説明している。

alpaps01.jpg アプリの削除手順(Appleより)

 ただ、同社はApp Storeから削除したアプリの名称は公表していない。このためユーザー側ではどのアプリに問題があるのか分からない状態になっている。

alpaps02.jpg 「Been Choice」のツイート

 これに関連して広告ブロッキングアプリの「Been Choice」は10月8日のTwitterで、App Storeから同アプリが削除され、FacebookやGoogle、Yahoo!、Pinterestのアプリで広告を遮断できなくなったことを明らかにした。このツイートからリンクされたiMoreの記事によれば、Been Choiceはアプリ内広告をブロックする目的でroot証明書をインストールしていたとされる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -